堀井整骨院、近況報告。

  • 2016.06.11 Saturday
  • 00:34
JUGEMテーマ:健康

こんばんは。
秋田県秋田県由利本荘市の堀井整骨院です。
堀井整骨院ホームページ
http://www.horiiseikotsuin.com/

《6月の診療変更》
6月11日(土):休診(福岡市での研修会のため)

6月22日(水):午後5時までの受付(消防団活動のため)

6月24日(金):午後5時までの受付(   〃    )

6月29日(水):午後5時までの受付(   〃    )
皆様にはご迷惑をおかけしてしまい申し訳ありませんが、
どうぞよろしくお願い致します。


前回の記事更新から、大変にご無沙汰しておりました。
そろそろ、
安否をお気遣い頂く程の期間が開いてしまいましたが、
堀井整骨院は院長と私ともども、毎日元気に過ごしております。
IMG_4683.JPG
IMG_4670.JPG
IMG_4663.JPG
IMG_4667.JPG
お花たちも元気です。

ワイルドに育つイチゴも元気。


例年通り、
4月から8月上旬までは来院患者様が多い時期。
特に夕方からはスポ少や部活等で怪我をされたり、
スポーツ障害で来院される学生さんに、
多数おいで頂いております。

毎日仕事が終わるのが、夜の9時から10時過ぎですので、
その後、あれやこれや、ぱたぱたと夕飯を作り、
食事をして(11時ぐらいに食べているので、もはや夜食ですかね。)
急いで寝る!という毎日で、
こちらの更新がおろそかになってしまいました。

本日、最期に帰られたのは、現在25歳の男性。
彼が最初に当院を受診されたのは、中学2年生の時。
かれこれ11年のお付き合い。
度重なる負傷のアクシデントもありながら、
強豪校の一角に名を連ねる高校野球部の、
主力メンバーとして活躍した人です。
現在は建築関係の仕事に就き、県外へ長期出張中。
久しぶりに帰省した本日、負傷した手の治療で見えました。

お帰りの際に彼から、
「いや〜。遅くまですみません。
 今日はこれから〇〇と△△とで、飯食いに行く約束してるんです。」
〇〇君、△△君、そのどちらも中学時代から知っている私。
「えっ!?そうだったの?
 それじゃあ、遅くなってしまって、こちらこそ申し訳なかった。
 待っている二人にもよろしくね。」
と伝えると、
「あいつらに、どこも痛くなくても、
 たまには整骨院に顔見せに行けっていっておくっす。」
「俺も、次に秋田に帰って来た時にも絶対に寄るっす。」
と言ってくれ、満面の笑顔で帰って行かれました。

その言葉に、とっても温かい気持ちになって。

中学生の頃はとても無口だった彼は、
こちらの質問にもイエス・ノーで答えるだけだったのですが、
いつしか、
仕事の話や、日常生活についても話してくれる青年へと変貌していったのです。
そして、彼だけではなく、
そんな(元)少年少女が、折に触れて来てくれるのが、
私の愉しみでもあります。


その他にも、初めましての患者様、
お久しぶりの患者様、施術を継続させて頂いている患者様、
たくさんの皆さまから有難いお言葉を頂きながら、
毎日を過ごしている堀井整骨院の近況報告でありました。



ランキングに参加しております。
クリック↓して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村

当院の事を知ってくださる方が、
少しでも増えたらいいなとの想いで、
参加したブログランキング。
皆様に応援頂き、感激です。ありがとうございます!

ぎゃぁ〜〜!それは止めてっ!症状を悪化させる患者様の行動。

  • 2016.04.23 Saturday
  • 15:48
JUGEMテーマ:健康
こんにちは!
秋田県由利本荘市の堀井整骨院です。
桜花の盛りの候、
各種スポーツシーズンも真っ盛り。
スポーツ障害の患者様の来院が増えております。
当院では患者様の症状により、競技ごとの特性を踏まえ、
効果的な自己ケアの方法や、
どの筋肉をどの様に鍛えることが、
怪我の回復や再発防止に有効かをお伝えしております。
どうぞご相談くださいませ。
http://www.horiiseikotsuin.com/



先日、当院の待合室で起こったお話です。
施術を終えられたA様と、
施術をお待ち頂いているB様が談笑されておりました。
お互いに、
「あれ〜!だい〜ぶ、良ぐなったように見えるや。」
「あんだも(あなたも)歩ぎ格好、良ぐなったごど〜。」
「いがった(良かった)なぁ〜。」
という会話が、別の患者様に対応中の私にも聞こえまして、
いがったなぁ、とひとりごちていましたところ、
A様の「オレなぁ、毎日、コレやってだんだ。」と続く声が聞こえました。

ん?毎日やっている?何をされているんだろう?と気になり、
ふっとのぞいてみたところ、そこで行われていたのは、
当院では患者様に「やらないでくださいね!」とお願いすることが多い
あのストレッチ。
IMG_4347.JPG
そう。足首のストレッチです。
ぐりぐりぐり。
一方の手で足首を固定し、
他方の手でつま先をつかんでぐるぐる回すこのストレッチは、
関節の柔軟性を高め、可動域(動く範囲)を広げます。
捻挫等のケガを防ぐとされ、
準備運動として盛んに行われております。
しかし足関節の靭帯を緩めるこの動作を運動前に行うと、
足元が不安定になることで捻挫しやすくなったり、
他の部分に無理な負荷を掛けてしまう事になります。

現在は様々な機関の研究結果で
「ストレッチによって筋力が低下する場合がある」
という報告がされています。
昨年2月に放送された、NHKの情報番組「ためしてガッテン」でも、
「ストレッチしてもケガの予防にはならない」
という内容が伝えられておりました。

当院においでになる患者様でも、
首、肩、背中、腰、股関節、大腿(太もも)、下腿(すねとふくらはぎ)の
痛み・故障を引き起こした原因を探ると、
足首のゆるさが種々の不調の引き金となっている場合が多いのです。
IMG_4352.JPG
この写真のように、
足の外側が地面に着くように立つクセがある方は要注意ですよ。
強いストレッチになってしまい、靭帯が伸ばされてしまいます。
こうして立つモデルさんのスナップ写真をよく見かけますが、
(↑この写真もファッションモデルさんの画像をお借りしました。)
真似っこしてはいけません。
私個人としては、大人の女性のこの立ち姿、
エレガントとは言えないなぁと思います。

もちろん、
全てのストレッチがやってはいけないものではありません。
一口にストレッチと言っても、
実際には「動的ストレッチ」と「静的ストレッチ」の2つに分けられます。
本日は詳しく書きませんが、目的に合わせたストレッチを、
正しいやり方・正しいタイミングで行う必要があります。

A様からは、
「だってみんなやってるねが。
 いいがら(良いから)やってるんだど思って、一生懸命やってだ。」
というお話がありましたが、
トレーニング理論は年々変化しているので、
数年前の常識が、現在は非常識という事が往々にしてあるのです。

A様、来院された当初は、
奥様に支えられないと歩行が困難なほどの腰痛に加え、
左足全体に強い神経痛が出ておりました。
現在はお一人で運転・外出にも不自由しなくなりましたが、
完治まではあと一歩というところ。

症状改善の為に、当院でお願いした筋力トレーニングを、
毎日続けてくださっているA様ですが、
逆効果になる事も、毎日続けておられたとは・・・。

症状を引き起こす・悪化させる・長引かせる原因は、
日常生活に潜んでいます。
私たち医療従事者は、
ご本人が気づかずに行っている小さな習慣にも、
細心の注意を払わなければ!と肝に銘じた出来事でした。




ランキングに参加しております。
クリック↓して頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 健康ブログ 整骨・接骨へ
にほんブログ村
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 由利本荘情報へ
にほんブログ村
当院の事を知ってくださる方が、
少しでも増えたらいいなとの想いで、
参加したブログランキング。
皆様に応援頂き、感激です。ありがとうございます!
 

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>

小鳥たち。

ブログ村ランキング 

いま何時?

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM